バイク免許を取得してツーリング!【しっかりと教習所で学んでおく】

女性

免許の取得方法

合宿免許を利用することで、通常の自動車学校の利用と比較をしても安く取得することが出来ます。激安の合宿免許が利用できる自動車学校もあるので、費用や内容を比較をして、自分にあった自動車学校を見つけることが出来ます。

詳しく見る

カラーコーン

車の免許の取得

多くの人がどこかのタイミングで車の免許を取得します。阪奈の近くで生活しているなら、阪奈周辺の自動車学校が良いです。その際、教官の評判はしっかりチェック、そして金額についてもしっかりチェックしてから入校しましょう。

詳しく見る

初心者マーク

すぐに取得できる

最短で免許を取得できるのが合宿免許です。合宿免許ですが、様々な割引を行っている場所が多いので申し込む前にしっかりチェックしましょう。合宿に使う宿泊所は勉強に集中できるように防犯設備等あらゆる設備がきちんと整っています。

詳しく見る

船

マリンライフを楽しむ

マリンスポーツを楽しむため、船舶免許の取得を目指す方が増えています。船舶免許は3つの区分に分かれていて、それぞれの違いを紹介しています。水上バイクを楽しみたい方は、専用の船舶免許がありますので注意が必要です。

詳しく見る

バイク

初心者の方が覚えておく事

バイクの免許が欲しいと考えている方は、まず知識を身に付けておきましょう。方法として自動車学校に通う、合宿免許に参加する方法があります。長い休みが取れて、費用を安くしたい方は合宿免許の利用がお勧めです。ヘルメット、グローブは事前に用意しておきましょう。

詳しく見る

注意すべきポイント

バイク

どんなポイントがあるか

大型自動二輪・普通自動二輪を始めとしたバイクの免許を取得するためには、自動車教習所に通学する必要がありますが、バイクに乗る際にいくつか注意したいポイントがあります。1つ目は、自動車と違って公道を一切走らずに教習所を卒業できる点であり、交差点の走行・混雑時の走行等は教習では実施しません。免許取得後の公道走行は、初めてだらけの事が多いので、特に取得から1年程度は気を抜かないような運転を心掛けましょう。ツーリングは、カーブの多い山岳地帯・海岸エリアに多く行く事がありますが、カーブ走行時のブレーキ・加速をしっかりと教習所で学んでおく事をおすすめします。2つ目は、バイク免許取得時に難易度が高いとされている急ブレーキのかけ方についてですが、短時間で強く握りすぎてしまうとタイヤにロックが掛かって転倒の可能性が高まります。安定感のある急ブレーキのかけ方は、前後のブレーキレバーを同時に握り、低い重心で着席しているとロックや転倒の可能性はとても低くなります。急ブレーキが苦手な場合は、教官がブレーキを握るタイミング・乗車時の体勢を丁寧に教えてもらえるので、真剣に取り組んで事故を起こさないようしましょう。3つ目は、MT対応のバイク免許を取る際に起こりがちな、坂道発進時や停車直前のエンストであり、焦りやクラッチの握りが浅い事で発生します。これを防ぐためには、クラッチをしっかり握る事が大切ですので、教習中は常に心掛けるようにしましょう。